TOMARUYO | 国内最大級の個人ホスト・民泊関連事業者向けメディア情報サイト

国内最大級ホスト向けAirbnb・民泊関連事業者情報サイト

今年はインバウンドの質的改善が課題、「民泊」の芽は摘むな

サマリー

2015年のインバウンド観光客は1973万人を超え、過去最高を記録した。その中で日本が今後解決するべき課題は質の向上といい、インバウンド客増に備えインフラのハード・ソフト両面からの改善が必要だと著者は提唱する。民泊においては現在厚生労働省案と「八田案」との間で議論が行われているが借地借家法に基づいた「八田案」をベースに展開していくべきとの指摘、民泊に旅館業法を適用するという考えは、実態が先行してしまっている中では、無理矢理に古い枠組みに押し込めようとするものであり、それでは日本に新しいビジネス機会を定着させることはできないと著者は述べている。

7d1d463b9c0274aea41062cfef94b339_m


今年はインバウンドの質的改善が課題、「民泊」の芽は摘むな
(nikkei BP net)※外部リンクに遷移します

button

レビューする

*
* (公開されません)
*

Facebookでレビューする

Return Top