TOMARUYO | 国内最大級の個人ホスト・民泊関連事業者向けメディア情報サイト

国内最大級ホスト向けAirbnb・民泊関連事業者情報サイト

上場企業が民泊事業から撤退、支援会社の旅館業法違反の捜査で「法令整備まで一定の時間を要する」

サマリー

オフィス用品などを扱うピクセルカンパニーズは2016年6月6日に開催した取締役会で、子会社のハイブリッド・ファシリティーズが民泊関連事業から撤退することを決議した。同社は民泊事業にあたって「法令順守」をコンセプトとしていたが、支援していた民泊運営事業者による旅館業法違反の被疑事件が発生。捜査の一環として警視庁がハイブリッド社への捜索・差し押さえを執行した。

1e4dc21501c407f80c58897e8a24f0f8_m上場企業が民泊事業から撤退、支援会社の旅館業法違反の捜査で「法令整備まで一定の時間を要する」 (トラベルボイス)※外部リンクに遷移します
button

レビューする

*
* (公開されません)
*

Facebookでレビューする

Return Top