TOMARUYO | 国内最大級の個人ホスト・民泊関連事業者向けメディア情報サイト

国内最大級ホスト向けAirbnb・民泊関連事業者情報サイト

民泊サービスは3割が「利用したいと思わない」

サマリー

ジャストシステムは、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『CtoCマッチングビジネスに関する実態調査』の結果を発表した。この調査は、7月5日~7月7日に全国の20歳~69歳の男女1,115名を対象に、セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査にて行った。
それによると、オンラインオークションサービスを「現在利用中」の人は23.5%で、そのうち、「主にパソコンで利用する」人は67.6%、「主にスマートフォンで利用する」人は14.1%だったという。年代別では、20代を除く全世代で「主にパソコンで利用する」人の割合が圧倒的に高かったにもかかわらず、20代は「主にパソコンで利用する」人が35.7%、「主にスマートフォンで利用する」人が37.5%で、パソコンよりスマートフォンから利用している人が多いことがわかったという。

a443b70096ef97e09f977f6689142b8a_s民泊サービスは3割が「利用したいと思わない (マイナビニュース)※外部リンクに遷移します
button

レビューする

*
* (公開されません)
*

Facebookでレビューする

Return Top