TOMARUYO | 国内最大級の個人ホスト・民泊関連事業者向けメディア情報サイト

国内最大級ホスト向けAirbnb・民泊関連事業者情報サイト

時間短縮のための清掃代行、どんなプレイヤーがいる?

本来であればゲストとの交流やホスピタリティの向上に時間を費やしたいものの、清掃が大変でその体力が削られていく、そんなホストの方々が活用されるのが清掃代行事業者です。清掃の外部委託により、清掃にかかっていた時間と手間をゲストに集中させることができます。昨今の民泊の勃興により、清掃代行も色々な業者が出てきていますが、価格以外の選定のポイントがよく分からないという方も少なくないはず。本日はこれらを3パターンに分類し、その特徴をご説明します。

    1. プロ清掃会社
      弊社サービス「おそうじグリポン」はこのカテゴリです。普段はホテル・商業施設・オフィスビルなどの現場の清掃を生業とした正真正銘のプロを派遣します。トイレや水回り、ベットメイキングや備品の配置に至るまで、手際良く、高品質にこなすことができます。事業者によっては産廃物処理業の許可を持っているためゴミ回収も可能ですし、リネン工場と提携してコインランドリーの品質を遥かに超えた仕上がりのシーツの提供、自社で集中購買した消耗品の対応、寝具のレンタルなど、高いサービスレベルを提供し、単なる「代行」に留まらない高付加価値を生み出しています。従来は個人を対象としたサービスは請け負わないか、非常に高価かのどちらかでしたが、昨今は弊社のような民泊向けの清掃パッケージを提供する事業者も出てきています。
    2. 家事代行会社
      都市部を中心に増えてきている家事代行会社に掃除を依頼するパターンです。清掃員は専業の家政婦やパートタイマーまで様々ですが、後者の人材が大半を占めているようです。メリットは比較的安価で質の担保された清掃が可能ですが、人材の質にばらつきが大きいこと、直行・直帰の方が多いので忘れ物対応など融通が効きにくいというデメリットがあります。
    3. フリーランス・アルバイト
      大手の清掃会社に勤務後、独立したフリーランサーや自分で探した主婦・学生などのアルバイトに清掃を依頼するパターンです。安価で物品の買い出しや洗濯など細かい指示まで出せるところがメリットです。一方、本業でない方が多いため、家事代行と同様に人材の質にばらつきが大きいこと、清掃のやり方、気の利かせ方など一から教育をする必要がある煩雑さなどのデメリットがあります。

事業者のバックグラウンドによって清掃品質は明らかに変わってきます。各社のサイト上に表示されている価格だけを頼りにするのではなく、ゲストが気持ち悪いと思わない部屋づくり・リネン提供ができるかといった品質面、ホスト/ゲストのリクエストにどれだけ応えられるかといったサービスメニューの豊富さも清掃会社検討の軸に入れることをおすすめします。弊社の清掃サービス「おそうじグリポン」では、単なるプロ清掃員の派遣に留まらず、お客様毎のリクエストにもお応えでき、忘れ物などのトラブル対応を含めて安心してご利用いただけます。

この機に、質の高い清掃会社への変更や代行の委託を検討されてはいかがでしょうか。

民泊・Airbnbに、プロ清掃員を派遣 おそうじグリポン
おそうじグリポン

その他のgrip

レビューする

*
* (公開されません)
*

Return Top