TOMARUYO | 国内最大級の個人ホスト・民泊関連事業者向けメディア情報サイト

国内最大級ホスト向けAirbnb・民泊関連事業者情報サイト

【抽選20名様限定】 空室が加速する日本で、民泊・宿泊事業はオーナーの救世主となるのか。京町家の旅館業活用事例について。

_dsc8233.JPG.800x400_default

【セミナー概要】

急成長するインバウンド(訪日旅行客)をターゲットに、遊休資産や空き家の新たな運用方法である「民泊」や「簡易宿泊所」といった宿泊事業運営が注目を集めています。年々、日本での空き家・空室率は増加しており「空き家問題」が深刻化している一方、宿泊事業の専門家からは今後のインバウンドの増加を考慮すると、日本では2020年には約4.4万室の客室が不足するという調査もございます。

そのような宿泊施設不足に対して、今後の日本においては、新たにホテルや旅館を建てるのではなく、現在「あるもの」を利活用し、空き家や町家等の遊休資産の宿泊事業化に力を入れていく必要がございます。

今回のセミナーでは、民泊・簡易宿泊所・町家などの宿泊施設に対して運用サポート事業を行っているSQUEEZEと京町家「藏や」を運営するアールスクウェア様との取り組み事例をご紹介致します。また、当セミナーをご共催頂くJITホールディングス株式会社より、不動産投資における最新のマーケット状況と投資家様のニーズについてお話しを頂きます。

【参加対象者】

  1. 空き家、古民家、町家などの一棟物件を活用したい
  2. 不動産会社様、不動産オーナー様
  3. 一棟貸宿の運営に興味のある方
  4. 相続対策中の士業の先生方
  5. 相続対策にご興味のある方

※当セミナーは会場の大きさに制限があるため、大変恐縮ですが上記に該当しない方、また同業の方のご参加はお断りしております。当日は名刺のご提示をお願い申し上げます。

【主催】

主催:株式会社SQUEEZE

共催:JITホールディングス株式会社

【講師】

アールスクウェア株式会社
専務取締役 赤澤 林太郎 氏

運営サイト「藏や」

URL:http://www.machiya-stay.co.jp/

 

【セミナー内容】

第一部(14:00~14:30)

町家の再生事業と藏や(京町家) について

第二部(14:30~15:00)

藏や(京町家) x SQUEEZEの取り組み・協業モデルについて(SQUEEZE

第三部(15:00~15:30)

不動産投資における最新のマーケット状況と投資家様のニーズについて

質疑応答、個別相談 (15:30~15:50)

<お申込みはこちらから>

セミナーの予約はこちらから>>>

主催:株式会社SQUEEZEについて

株式会社SQUEEZEは、小規模ホテル・民泊・町家・旅館といった宿泊施設に特化し、運用業務をタスクごとに専業の登録ユーザーとマッチングする効率的なクラウドソーシングサービス「mister suite(ミスタースイート)」を展開しています。5月現在、サポート物件は全国550件以上あり、32,000件以上の予約、70,000以上のゲストの対応実績がございます。20174月にリリースした新ツールsuitebookでは、民泊とマンスリーの物件管理システムとしてご利用いただけます。現在ベータ版の無料提供を行っています。

株式会社SQUEEZE
会社詳細:https://squeeze-inc.co.jp/

セミナー予約はこちら

その他のmister-suite

レビューする

*
* (公開されません)
*

Return Top